『アンテナ』『THE WORLD IS MIND』/くるり

なんだか、あっという間にメジャーになった感のあるくるり。
そんなくるりのアルバム『THE WORLD IS MIND』『アンテナ』のお話。

最近ハマっているアルバム『THE WORLD IS MIND』は彼ら4枚目のアルバム。
サウンド的には初期の「ロックしてまっせ!」とは違って、
今のくるりに向かおうとしている途中の音、といえば分かりやすいかも。。

テクノ、ポップ、サンプリング、ループを多用した曲が目立つ。
疾走感もあるし、グルーブもあってトランスする感じもよい。
童謡のような曲もあるし、今のくるりのような曲や、
恐らくもう聴けないカタチの曲もある。
非常に贅沢な一枚だ。

でも、このアルバムを聴いてハマったのは、最近だったりする。

わたくしが、くるりを”ちゃんと”聴き出したのは『アンテナ』から。
それでもインディーズ時代を知っているし(というかジャケットが印象的だった。
メジャー1枚目の『さよならストレンジャー』や続く『図鑑』も知っている。
でも、3枚目から5枚目の『アンテナ』までの印象が薄い。

『アンテナ』のサウンドは、すごく泥臭くて、
重く暗い民族音楽やブルース、フォークを聴いている気分にもなる。
たぶん、岸田くんの大好きなサウンドを前面に押し出した結果なのだろう。
不思議なギターの、マンドリンを弾いているかのようなサウンドが、
前面に出されているのもここから。

サポートメンバーのクリストファー・マグワイヤ(Drs)のプレイもおもしろい。
やっていることは難しくなく、丁寧に基本的なことをやっている。
これは難しいことだし”バンドの色”や”キャラクター”が出やすいと思う。
彼のドラムスがなければ、今のくるりの方向性はなかったかもしれない。

それで話を戻すと、何故アルバム3〜5枚目までが耳に残っていず、
むしろ「消えちゃったなー」と思っていたかというと
どうやら、耳にひっかからなかったらしいw

だけど廻り回って、
自分自身が色んな音楽を吸収して『THE WORLD IS MIND』にたどり着いた。
だから、いまハマっているんだなwww
『水中モーター』とかいいな♪と思える、自分は何年か前までは考えられない。


『THE WORLD IS MIND』と『アンテナ』
同じアーティストとは思えないくらいの幅を見せてます、オススメ。


 


コメント
コメントする








   



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Ninja400Rマフラー交換。
    kamo_air
  • Ninja400Rマフラー交換。
    kairi
  • Ninja400Rマフラー交換。
    kamo_air
  • Ninja400Rマフラー交換。
    山田
  • Ninja400Rマフラー交換。
    kamo_air
  • Ninja400Rマフラー交換。
    下忍者
        

profile:kamo_air


毎日を、のんびり過ごし、
見て歩き、
見て止まり、
見て想いふける。

そんな、
モノ描きかもね。

Twitter : kamo_air
WEB Site : digi-air.cc

最後に更新した日:
      2017/07/02

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM