きみがおしえてくれた。

携帯電話がきみの誕生日を、
光と音で教えてくれた。

霞んでいたきみの姿が、
浮かび上がって、笑ってる。
これ以上ない笑顔で笑ってる。
手のなかが温かくなって、
やわらかさも、
教えてくれたことも、
思い出して笑ってる。
笑ってるよ。

携帯電話がきみのいないことを
教えてくれた。
忘れていたことも教えてくれた。

明けない夜はない。

震災から一年。

もう一年か、いや、まだ一年。

傷は抱えたままか。
いや、温かくなって支えになるのか。

灯火のない世界は暗いままか。
いや、
明けない夜はない。

想うことをやめなければ、
わたしたちは繋がっている。
そこには人種や国境、性別、年齢を
越える何かがある。
その何かを、絆といい。
暗闇で迷う誰かの手を取れるはずだ。
明るい方向へ、連れていけるはずだ。
わたしたちは、みんな持っている。
そのチカラを持っている。

明けない夜はない。
明けない夜はない。

ちゃんと、ここにあったか。

明日で震災から一年です。
悲しく、苦しく、辛く、
そして、
深く傷をおっている方が、
たくさんいます。

あの日、あの時までの世界は一瞬にして変わり、目にしたものは
自分の想像やキャパシティを超えるものばかりで、
被災していないにも関わらず、毎日が痛みに溢れていた。
だから、震災の本当を知らない、本当の苦しみを知らない。
想うということだけ。
また、それが自分にとっての救いでした。

絆。

そう言葉が伝えたものは、私たちの中にそれが気薄になっていたこと。
そして、何よりも大切なことだと分かったからこそ、
この字を、意味を、考え溢れたのではないでしょうか。

ひとを想い、誰かのために祈り、痛みを分かち、手を差し伸べること。
そう決めた一年前。
その想いは、ちゃんと忘れず胸にあったか、
ちゃんと、ここにあったのか。
改めて問う日が来たのです。

明日の朝、陽が昇って、
眩しすぎるくらいの一日が一年が、
また始まりますように。

一億と数千万の。

今週は色々考えさせられる一週間だった。
すごく心に深く冷たいものが刺さった。
同時に温かさに救われた。

ひとがひととして愛されるには、
ひととひとの関係をないがしろにしてはいけない。

家族や友達や恋人は、
それぞれのかたちでつながっている。
それも、この国だけで一億と数千万ものひとの中から
十数人に許してもらったことなんだ。

心から想ってくれるひとは選べない、
時には譲らないといけない時もある。
傷付くこともあるだろう。

それでも隣にいてくれるひと達を大切にしたい。
自分のことのように想っていたいんだ。

一億と数千万の中の愛しいひとたちと、
一億と数千万の、まだ出会ってないひとたちを。




calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Ninja400Rマフラー交換。
    kamo_air
  • Ninja400Rマフラー交換。
    kairi
  • Ninja400Rマフラー交換。
    kamo_air
  • Ninja400Rマフラー交換。
    山田
  • Ninja400Rマフラー交換。
    kamo_air
  • Ninja400Rマフラー交換。
    下忍者
        

profile:kamo_air


毎日を、のんびり過ごし、
見て歩き、
見て止まり、
見て想いふける。

そんな、
モノ描きかもね。

Twitter : kamo_air
WEB Site : digi-air.cc

最後に更新した日:
      2017/07/02

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM